SHARP

RoBoHoN

RoBoHoN DEVELOPERS

RoBoHoN DEVELOPERS

RoBoHoN Software Development Kitについて

RoBoHoN Software Development Kit(以下、RoBoHoN SDK)とは、ロボホンのアプリ開発を行うための開発環境です。下記の利用規約に同意いただければ、ロボホンを実際にお持ちでなくても利用できます。

RoBoHoN SDKでできること

Androidの標準のAPIに加えて、ロボホンのデバイスと音声対話を利用したアプリ開発が可能です。 アプリを開発頂くにあたっては、RoBoHoN SDK内のドキュメント記載内容を遵守し、開発頂く必要があります。必ずRoBoHoN SDK内のドキュメントをお読みください。

音声認識の利用回数制限に関して

RoBoHoN SDKを利用して開発いただくアプリでは、1か月にお使いいただける音声認識の利用回数の上限が合計で1000回となっております。利用回数が上限に達した場合に備えて、音声認識ではなくテキストを利用して、音声入力をエミュレートする手段も用意しておりますのでご利用ください。

システム要件

Android Studioのシステム要件に準拠します。
(ADB USB DriverはWindows用のみの提供です。Mac OS Xでは必要ありません。)
※Ver1.0.1以前はAndroid Studio2.2以降では利用いただけません。Ver1.0.2をご利用ください。

ロボホンアプリ開発者向けサービス利用規約

ロボホンアプリ開発者向けサービス利用規約(法人向け)(以下「本規約」といいます)は、第 2 条(用語の定義)で定めるロボホンアプリを開発(以下「本開発」といいます)するために必要な SDKの利用許諾およびロボホンアプリの開発許諾ならびに開発者向け情報提供を受けるための条件を定めるものです。本開発を希望される開発者は、本規約に同意いただきますようお願いします。

第1章 総則

第1条 (目的)

  1. 本規約は、ロボホン向けにアプリまたはサービスの開発を行いたい開発者が、開発を行うにあたり、開発者が遵守すべき事項、ならびに当社と開発者との契約条件を定めるものです。
  2. 開発者は、開発に際して、本規約、本規約に付随する特約、ロボホンの購入者の立場として当社との間で適用されるココロプラン加入規約もしく法人向けプラン(ロボホンビジネス利用プランまたは初期サポート)に関する加入規約、ロボホン利用規約もしくは法人用ロボホン利用規約またはロボホンプライバシーポリシーもしくは法人用ロボホンプライバシーポリシー等、当社と開発者間で適用される規約、ガイドラインその他のロボホンに関する合意事項の全て(以下、すべて併せて「ロボホン利用規約等関連規約」といいます)に同意し、遵守する必要があります。
  3. 本規約に定めの無い事項については、ロボホン利用規約等関連規約に準ずるものとします。
  4. 当社は、本規約の円滑な運用を図るため、必要に応じて開発者にロボホンの利用に関する諸規定を通知します。当該諸規定は、本規約の一部を構成するものとします。
  5. 本規約の内容と、前項の諸規定の条件が矛盾する場合は、前項の諸規定が優先して適用されるものとします。

第2条 (用語の定義)

本規約における用語を、以下各号のとおり定義します。

  1. 「当社」とは、シャープ株式会社をいいます。
  2. 「ロボホン(3G・LTE)」とは、当社が製造および販売するロボット型携帯端末(型番:SR-01M-W、SR-03M-T、SR-03M-Y)をいい、電話機能とWi-Fi接続の両方が利用できるモデルをいいます。
  3. 「ロボホン(Wi-Fi)」とは、当社が製造および販売するロボット型携帯端末(型番:SR-02M-W、SR-04M-Y)をいい、Wi-Fi接続専用のモデルをいいます。
  4. 「ロボホンライト」とは、当社が製造および販売するロボット型携帯端末(型番:SR-05M-Y、SR-05ME-Y)をいい、Wi-Fi接続専用で二足歩行機能を除いたモデルをいいます。
  5. 「ロボホン(開発専用)」とは、当社が製造および販売するロボット型携帯端末(型番:SR-X002)をいい、Wi-Fi接続専用で開発用途に特化したモデルをいいます。
  6. 「ロボホン」とは、ロボホン(3G・LTE)とロボホン(Wi-Fi)、ロボホンライトおよびロボホン(開発専用)の総称をいいます。
  7. 「ロボホンサービス」とは、当社がロボホン向けに提供するサービスをいいます。
  8. 「開発者」とは、ロボホンおよびCOCORO IDを所有し、所有するロボホン向けのアプリまたはサービスの開発を希望する者をいいます。
  9. 「他利用者」とは、開発者と共同でロボホンサービスおよび本サービスを利用する、開発者の関係者をいいます。
  10. 「ロボホンアプリ」とは、所有するロボホン向けに開発者が開発するアプリまたはサービスをいいます。
  11. 「一時利用者」とは、ロボホンアプリのテスト、その他の目的で開発者が開発したロボホンアプリがインストールされたロボホンを一時的に利用する者をいいます。
  12. 「本 SDK」とは、当社が提供する、開発者向けドキュメント、ソフトウェア開発キット等をいいます。
  13. 「本サービス」とは、本SDKおよびロボホンアプリの開発に必要な情報を提供することをいいます。当社は、開発者に対して無償で本サービスを提供します。

第3条 (開発者に許諾する内容)

本規約に基づく契約の有効期間中、当社は開発者に対して、本規約およびロボホン利用規約等関連規約に従って、以下の各号に定める内容を行うことを許諾します。

  1. 本SDKを利用すること
  2. 本SDKを利用してロボホンアプリを開発すること
  3. 開発者自身または他利用者の所有するロボホンにのみロボホンアプリをイントールすること
  4. 開発者自身または他利用者の所有するロボホンでのみロボホンアプリを実行すること

第2章 ID およびパスワードについて

第4条 (ID およびパスワード)

  1. 本サービスを利用するにあたり、開発者は、COCORO MEMBERS に会員登録していただき、COCORO IDおよびパスワード(以下、併せて「ID 等」といいます)を取得していただく必要があります。
  2. 開発者は、ID等の管理、およびその使用に関して一切の責任を自身で負うものとします。
  3. 開発者は、COCORO IDとして登録したメールアドレスを、当社から開発者に対する通知、連絡を行うためのメールアドレスとして指定したものとします。そのメールアドレスに対する当社の電子メールの送信は当社から開発者への意思表示または事 実の伝達とみなされます。
  4. 開発者は、ID等を第三者に利用させないものとします。
  5. 開発者は、自己のID等またはロボホンの盗難、紛失またはこれらが第三者に使用されていることが判明した場合、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社から指示がある場合はこれに従います。
  6. 開発者は、ID等を第三者に譲渡すること、貸与することはできません。また、本規約に基づく開発者の権利は、相続されないものとします。
  7. 当社は、ID等の窃用による開発者の損害または開発者が第三者に与えた損害に対して責任を負わないものとします。

第5条 (COCORO MEMBERS 会員利用規約の遵守)

  1. 本サービスを利用する開発者は、COCORO MEMBERS会員利用規約を遵守するものとします。COCORO MEMBERS会員利用規約は下記URLよりご確認ください。
    (https://cocoromembers.jp.sharp/sic-front/static/contents/guide/F100101.html)
  2. 本規約において、COCORO MEMBERS会員利用規約と異なる事項を定めたときは、本規約が優先的に適用されるものとします。

第3章 本サービスの利用について

第6条 (本サービスの利用)

  1. 本サービスは、COCORO MEMBERS会員登録を行ってCOCORO IDをお持ちの開発者が、本規約に同意いただくことで、無料で利用できます。
  2. 本サービスの利用については、開発者がお手持ちのパソコン、スマートフォンまたはタブレット等を利用して、ロボホンストアサイト上のマイページに COCORO IDおよびパスワードでログインし、マイページ内のSDK提供ページ(以下、「本 SDK 提 供ページ」といいます。)から行ってください。
  3. マイページ内の本SDK提供ページより本SDKをダウンロードした時より本規約に対する同意の効力が生じ、当社と開発者との間に本規約に基づく契約が成立し、本規約の適用が開始します。
  4. 当社から提供する本SDKの個々の内容については、本SDK提供ページに本SDKと共に掲載されている個別の説明書及び記載されている注意事項を確認ください。

第7条 (開発者への通知・連絡)

  1. 本SDKに関する仕様の変更等の通知または連絡は、原則として、本SDK提供ページ内に置くものとします。ただし、重要な連絡等の場合は開発者が連絡先として登録したアドレスに対する電子メールを送信する形で行うこともあります。
  2. 本規約に定める通知およびお知らせは、それが開発者に到達したか否かにかかわらず、本SDK提供ページに掲載した時点をもって、到達したものとみなします。

第8条 (本サービスを利用するための機器、通信費用等)

  1. 開発者は、本サービスを利用して開発を行うために必要なロボホン、nanoSIMカード、無線 LAN 機器、通信回線その他必要となる機器、ココロプランの契約につきましては、開発者の費用と責任にて用意するものとします。
  2. 本サービスを利用いただくために必要なインターネット接続サービスのプロバイダー料、通信費等インターネットによる通信に必要となる諸費用は全て開発者に負担いただきます。利用にあたっては、パケット通信料定額サービスへの加入をおすすめします。これらの機器、インターネット回線等の不具合により、開発者が本サービスの利用に支障をきたしたとしても、当社は一切責任を負いません。

第9条 (本サービスの利用地域)

  1. 本サービスをご利用いただける区域は、日本国の全ての地域とします。日本国外では利用いただけません。

第4章 本 SDK の提供・利用について

第10条 (本 SDK の提供について)

  1. 当社は、開発者に対して、ロボホンアプリの開発に利用する目的のために本SDKを本SDK提供ページからダウンロードすることができ、またダウンロードした本SDKを複製することができる非独占的な権利を無償にて許諾します。
  2. 当社は、常に最新のバージョンの本SDKを本SDK提供ページに掲載します。開発者は、COCORO IDおよびパスワードを入力の上、本SDK提供ページより本SDKをダウンロードします。
  3. 開発者は、第 1 項に該当する場合を除き、本SDKに含まれる文書の全部または一部を、複製、修正または追加等の改変を行わないものとします。また、本SDKまたはその複製物を、第三者に頒布、または第三者が取得可能な状態にしないものとします。
  4. 本SDKに関する著作権等一切の権利は当社に帰属します。

第11条 (禁止事項)

当社は、開発者が、本サービスの利用にあたり、ロボホンを用いて以下の行為を行うことまたは以下の行為に関する機能を持つロボホンアプリの開発を行うことを禁止します。

  1. 本規約に違反する行為
  2. 法令または公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
  3. 当社または第三者に損害を与える行為、またはそのおそれのある行為
  4. 当社が提供するロボホンのキャラクター性を定義するガイドラインから外れた性格付けや台詞などを発話させる行為
  5. ロボホンサービス、本サービスおよび当社の活動に支障を与える行為、当社もしくは第三者の信頼を毀損する行為、またはそのおそれのある行為
  6. 性行為やわいせつな行為を目的とする行為、または出会い系の目的で利用する行為
  7. ロボホンサービスまたは本 SDK を改変し、またはリバースエンジニアリング(主に、内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換することを指します)、逆コンパイル、逆アセンブル等する行為
  8. ロボホンサービスを通じて提供される情報を改ざんする行為、または提供側の事前の同意なく第三者に開示する行為
  9. ロボホンまたはロボホンアプリを、営利目的等のために利用する行為
  10. 本サービスの利用に関連する権利および義務の全部もしくは一部を第三者に譲渡する行為またはそれに準ずる行為
  11. 当社もしくは第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為または侵害するおそれのある行為
  12. 政治活動・宗教活動・犯罪的行為またはそれらにつながる行為
  13. 前各号に準ずる行為
  14. その他、当社が不適切と判断する行為

第12条 (ロボホンの画像、商標、著作物、キャラクターその他ブランドについて)

  1. 開発者は、本開発においてロボホンに関連する画像、商標、著作物、キャラクターを利用する場合、本SDKまたは当社が本ダウンロードページを通じて別途提供する各種ガイドラインを遵守しなければなりません。ガイドラインについては常に最新のものが有効となります。
  2. 本開発にあたっては、各種ガイドラインを参照して台詞の作成やモーションの作成など、ロボホンのキャラクター性を尊重して開発してください。

第13条 (ロボホンアプリの利用について)

  1. 開発者が開発したロボホンアプリは、開発者自身または他利用者の所有するロボホンにのみ、開発者自身がAndroid SDK等の手段を用いてインストールして動作させることができます。
  2. 開発者は、開発したロボホンアプリを不特定多数に対して複製、頒布することできません。

第14条 (開発者の責任)

  1. ロボホンサービスおよび本サービスの利用、ならびに本開発に関しては、開発者の責任にて行うものとします。
  2. ロボホンサービスおよび本サービスの利用、ならびに本開発において、開発者はファームウェアの更新の通知がロボホン上に表示された場合、ロボホン上に表示される説明に同意の上、必ずアップデートしてから本SDKを利用してください。ファームウェアを更新せず本SDKの利用を続けてはいけません。ファームウェアを更新せずに本SDKを利用したことにより開発者が損害を被った場合、当社はそれらの損害に関して一切責任を負いません。
  3. ロボホンサービスおよび本サービスの利用、ならびに本開発において、開発者は必ず最新の本SDKを利用して開発を行って下さい。最新の本SDKを利用しなかったことにより開発者が損害を被った場合、当社はそれらの損害に対して一切責任を負いません。
  4. ロボホンサービスおよび本サービスの利用、ならびに本開発において、開発者が第三者に損害を与え、または第三者との間で紛争が生じた場合は、開発者が自己の費用と責任で解決するものとします。
  5. ロボホンサービスおよび本サービスの利用、ならびに本開発において、開発者が当社に損害を与えた場合は、開発者がそれらの損害を賠償するものとします。
  6. 開発者は、他利用者と共同でロボホンサービスおよび本サービスを利用する場合、自らの責任において、他利用者が本規約に規定された内容に同意し、遵守することを当社に保証するものとします。また、開発者は、他利用者の行為およびその結果について責任を負うものとします。

第15条 (開発者による本 SDK の利用終了)

  1. 開発者は本SDKの利用を終了する場合、当社が提供する本SDK等を削除、廃棄またはアンインストールしてください。
  2. 本SDKの削除に伴い、本SDK等の利用および本SDKを利用したロボホンアプリの開発の許諾も終了します。
  3. 本SDK等の利用許諾の終了に伴い、本SDKを利用して開発者が開発したロボホンアプリをロボホンで使用することは認められなくなります。

第16条 (当社による本サービスの利用停止・契約の終了)

  1. 当社は、開発者に60日間の予告期間をもって通知することにより、本サービスの全部または一部を終了させることができます。
  2. 当社は、次の各号の場合、事前に開発者に通知することなく、開発者による本サービスの全部もしくは一部の利用を停止、または本規約に基づく契約を終了することができます。これにより開発者または第三者に損害が生じたとしても、当社は一切責任を負いません。
    (1) 開発者が本規約または本サービスと連携する各種サービスに関する個別規約に違反した場合
    (2) 開発者が当社の指示を遵守しなかった場合
    (3) 開発者が 6 か月以上、本サービスを利用しない場合
    (4) 開発者に不適切な行為があると当社が判断した場合
  3. 当社は、天災地変、戦争等の不可抗力、その他非常事態が発生しもしくは発生するおそれがある場合、システムの保守・点検を緊急的に行う必要が発生した場合、通信障害もしくは設備障害への対応を余儀なくされた場合、またはその他やむを得ない事由が生じた場合は、開発者に対する事前の通知なく、本サービスの全部もしくは一部を一時的に中断または停止することができます。これにより開発者または第三者に損害が生じたとしても、当社は一切責任を負いません。
  4. 第2項各号に該当する場合、契約の終了に伴い、開発者に対する当社からの許諾は終了します。この場合、開発者は、当社が提供する本SDK等を削除、廃棄またはアンインストールする必要があります。なお、本SDK等の利用許諾の終了に伴い、本SDKを利用して開発者が開発したロボホンアプリを使用することは認められなくなります。

第17条 (本サービス・本 SDK の変更、追加)

  1. 当社は、業務上の都合により、開発者に事前に通知することなく、本サービスおよび本SDKの全部または一部を変更または追加することがあります。
  2. 本サービスおよび本SDKの全部または一部の変更または追加が開発者に重大な影響を及ぼすと当社が判断した場合は、当社はその変更または追加の内容を第7条(開 発者への通知・連絡)で規定した方法により開発者に通知するものとします。なお、当社は、本サービスおよび本SDKの全部または一部の変更または追加により開発者に損害が生じたとしても、それらの損害について一切の責任を負いません。

第18条 (責任の免除)

  1. 当社は、ロボホンサービスにおいて当社が提供する本SDKが正常に作動することおよび将来にわたり正常に作動すること、ならびに、本SDKがロボホンサービスにおいて常時利用できることを保証しません。また、本SDKが正常に作動しないことおよび本 SDK が利用できないことにより開発者が損害を被った場合、当社はそれらの損害に関して一切責任を負いません。
  2. 開発者による過誤、管理不十分、または第三者による不正使用等により、開発者または第三者が損害を被った場合、当社はそれらの損害に関して一切責任を負わず、これにより当社が第三者等により請求等を受けた場合、開発者は当社を防御し損害を補償するものとします。
  3. ロボホンサービスおよび本SDKを他利用者と共同で利用する場合、開発者は第14条(開発者の責任)第6項に従って他利用者にロボホンサービス、本SDKおよびロボホンアプリを利用させてください。他利用者が本規約およびロボホン利用規約等関連規約に同意されず本サービスまたはロボホンサービスおよびロボホンアプリを利用されたことによって、開発者または他利用者に発生した損害については、当社は一切責任を負いません。また、ロボホンが聴き取った周囲の第三者の音声、撮影する際に映り込んだ第三者に対しても同様とします。
  4. 当社は、開発者がロボホンアプリを通じて提供された情報によって、他利用者あるいは第三者との間に生じた権利侵害等の紛争に関して一切責任を負いません。
  5. 開発者による過誤、管理不十分、または第三者による不正使用等、開発者または第三者が損害を被った場合、当社はそれらの損害に関して一切責任を負いません。
  6. 開発者が本サービスを利用し、開発過程においてロボホンに設定または登録したデータが破損、消失または変更された場合、当社は一切責任を負いません。
  7. 開発者が本SDKを利用し、開発過程において投稿コンテンツが破壊、消失または変更された場合、当社は一切責任を負いません。
  8. 当社は、開発者が本サービスを通じて得た情報およびデータに関し、その正確性および特定の目的への適合性等について、いかなる保証もしません。また、これらの情報およびデータにより開発者または第三者が損害を被った場合、当社はそれらの損害に関して一切責任を負いません。
  9. 開発者が本SDKの利用のために使用されたロボホンを第三者に譲渡することにより所有者を変更する場合は、当社が提供した本SDK、ロボホンアプリ等は削除した後、そのロボホンの購入時に登録を行った開発者が速やかに当社所定の手続を行って下さい。開発者が所定の手続を怠った場合に発生した開発者または第三者の損害に関して、当社は一切責任を負いません。また、それらの手続を怠ったことにより、当社に損害が生じた場合、開発者はその損害に対して責任を負わなければなりません。
  10. 当社は、本サービスおよび本 SDK が第三者の知的財産権およびその他の権利を侵害していないことを何ら保証するものではなく、開発者その他の第三者が本サービスに関連して直接的または間接的に被ったいかなる損害についても責任を負いません。
  11. 当社は、本サービスおよび本SDKに瑕疵が発見された場合、第7条(開発者への通 知・連絡)で規定した方法により、開発者に対し瑕疵のある旨を通知するとともに、瑕疵のないロボホンサービスを提供するか、またはそれらのサービスの瑕疵を補修すべく努めますが、その実現を保証するものではありません。
  12. クラウド音声対話サービス機能は、一カ月にお使い頂ける会話量に上限設定があります。会話量の上限を超えた場合、ご使用のロボホンの認識精度が落ちる、音声認識ができなくなる等、機能上の制約が発生致しますので予めご了承下さい。上限設定の詳細は、本SDKでご確認ください。

第5章 個人情報、利用情報、センサー情報等の取り扱いについて

第19条 (個人情報、利用情報、センサー情報等の取り扱いについて)

本サービスの提供にあたり当社が取得する開発者の個人情報、利用情報、センサー情報等(以下「各種情報」といいます)の取り扱いについては、別途定める「ロボホンプライバシーポリシー」を参照ください。開発者が本サービスを利用する時点において、「ロボホンプライバシーポリシー」の適用を受けることについて同意するものとします。また、他利用者および一時利用者についても同様とし、開発者は当社に対し、他利用者および一時利用者が 同意することを保証するものとします。「ロボホンプライバシーポリシー」は下記URLよりご確認ください。
(https://robohon.com/terms/privacy.php)

第6章 その他

第20条 (契約期間)

開発者が本SDK提供ページから本SDKをダウンロードした時点より、第11条(禁止事項)、第16条(当社による本サービスの利用停止・契約の終了)、第23条(反社会的勢力)により早期に終了する場合を除き、第15条(開発者による本SDKの利用終了)により開発者が利用登録の解除を行うまで有効に存続します。

第21条 (権利義務の譲渡の禁止)

開発者は、当社との本規約に基づく本サービスおよび本SDKの利用に関わる権利および義務を第三者に譲渡し、またはそれに準ずる行為をすることはできません。

第22条 (知的財産権)

本サービスおよび本SDKに係る知的財産権は、当社または第三者に帰属します。本規約による開発者への本サービスの提供は、開発者に対する何らかの権利移転等を意味するものではありません。

第23条 (反社会的勢力)

当社は、反社会的勢力(暴力団、暴力団構成員、暴力団関係者等)またはその関係者の方に対しては利用をお断りしています。開発者または他利用者が反社会的勢力またはその関係者であることが判明した場合、当社は、開発者との契約を解除し、開発者の利用資格と開発の許諾を停止します。

第24条 (本規約変更)

  1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合、本規約を変更することがあります。本規約が変更された後の本サービスおよび本SDKの提供条件は、変更後の本規約によります。
    (1) 開発者の一般の利益に適合するとき
    (2) 契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき
  2. 本規約の変更後の内容については、当社が別途定める場合を除いて、第7条(開発者への通知・連絡)で規定した方法により開発者に通知するものとし、通知された時点から変更の効力が生じます。変更の効力が生じた後、本サービスを利用された開発者は、本規約の変更内容に同意したものとみなします。

第25条 (存続条項)

本規約が終了した後も、第14条(開発者の責任)、第18条(責任の免除)、第22条(知 的財産権)、第24条(本規約変更)、本条、第26条(準拠法、専属的合意管轄裁判所)については、有効に存続するものとします。

第26条 (準拠法、専属的合意管轄裁判所)

  1. 本規約などは日本法に準拠して解釈されるものとします。
  2. 当社と開発者との間で本サービスに関して争いが生じた場合、被告の所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2016年6月29日制定】
【2017年10月6日改訂】
・第2条(用語の定義)を修正。
【2017年10月17日改訂】
・SHARP i CLUBの名称変更に伴い、第2条(用語の定義)、第4条(ID およびパスワード)、第5条(SHARP i CLUB会員利用規約の遵守)、第6条(本サービスの利用)、第10条(本SDKの提供について)を修正。
【2018年10月24日改訂】
・COCORO MEMBERSのドメイン変更に伴い、第5条(COCORO MEMBERS 会員利用規約の遵守)を修正。
【2019年2月27日改訂】
・第2条(用語の定義)、第4条(ID およびパスワード)、第14条(開発者の責任)、第17条(本サービス・本SDKの変更、追加)、第18条(責任の免除)、第24条(本規約変更)を修正。
シャープ株式会社

ダウンロードする
開発TOPにもどる